指揮、ピアニスト紹介


顧 問 小林光雄

東京学芸大学音楽科卒業。同音楽専攻科修了。ピアノを高折宮次氏、声楽を木下保氏、作曲を柏木俊夫氏に師事する。昭和32年以来、杉並区立宮前中学校教諭として26年間合唱教育ひとすじに歩んできた。昭和42年、教員派遣学生として東京芸術大学で学び、指揮法を金子登氏に氏の逝去まで19年間師事する。

昭和58年より国立音楽大学、東京学芸大学、日本音楽学校、郡山女子短期大学非常勤講師。平成2年より平成7年まで、国立音楽大学教授、併せて甲府湯田高等学校音楽科非常勤講師をつとめた。

現在、杉並混声合唱団のほか、3つの合唱団で指導する。全日本合唱教育研究会顧問。著書として、「やさしい合唱指揮法」(音楽之友社)「原点をさぐる合唱のエチュード」(教育芸術社)他あり。



指 揮 蓮沼勇一

元暁星小学校音楽専科教諭。児童合唱指導者。

1952年福島県出身。1975年国立音楽大学卒。声楽を鈴木惇弘、平良栄一、指揮法を小松一彦、河地良智諸氏に師事する。1991年より国立音楽大学教授(当時)小林光雄氏に合唱指揮、及び合唱教育指導法を師事する。

海外の少年少女合唱団にも造詣が深い。全国各地で合唱指導や講演を行っている。

全日本合唱教育研究会理事・白ひげ合唱工房主宰(夢現塾、白ひげ塾、蓮根塾)

[受賞歴]

  • 第8回音楽教育振興賞(助成部門)

  • 1996年度から5年連続でNHK全国学校音楽コンクール全国コンクール小学校の部に出場し、金賞4回、銀賞1回を受賞。TBSこども音楽コンクールでは、2005年度に文部科学大臣奨励賞、1994年度・1997年度・2014年度に審査員特別賞を受賞。

[出版歴]

  • DVD「白ヒゲ先生の合唱指導全8巻』

  • 音楽指導ブック・「白ひげ先生の歌唱指導の言葉がけ」(音楽之友社)



ピアノ 冨田昌子


桐朋学園大学ピアノ科卒業。イタリア・キジアーナ音楽院、ニース国際音楽アカデミーにてディプロマを取得。1990年文化庁助成公演、1994年ノルウェー大使館での「ノルウェー音楽の夕べ」など数々のコンサ ートに出演する。

第19回国際芸術連盟新人オーディション奨励賞受賞。2014年ピアノデュオ「アマービレ」結成。今年5月"アマービレ・ピアノデュオコンサートVol.3"。2017年第1回ロシア・サンクトペテルブルク国際コンペティション“グランドピアノ・イン・パレス”ピアノデュオ部門、ピアノコンチェルト部門(サンクトペテルブルク室内管弦楽団VELERY KHLEBNIKOV指揮)第1位受賞。

冬期同コンペティション室内楽部門第1位、ピアノコンチェルト部門(ALEXEI RUBIN指揮)第2位受賞。

これまで山岸麗子、北村陽子、玉置善己、荻野美晴、奥千絵子、パスカル・ロジェ、オリビエ・ガルドン、室内楽を岩崎淑、故R・ブレンゴラの各氏に師事。岩崎淑氏主催室内楽グループ「カロローザ」、日本フォーレ協会会員。